LINE公式アカウントお友達募集中!

メロンの栽培方法

メロン

 

甘くて瑞々しい、高級な果物の1つとして有名な「メロン」。
メロンは温度と水やりの管理が難しいとされていますが、最近は育てやすく改良された品種もあり、ポイントを押さえればプランターでも栽培できます。
今回は、メロンを苗から育成する方法をご紹介します。

栽培カレンダー

※クリックまたはタップで拡大表示

最適土壌

 

原産地がアフリカであるメロンは、高温乾燥を好む植物です。
水はけが良く、通気性の良い土壌である必要があり、梅雨の時期はメロンにとって非常に厳しい環境になります。
この時期はトンネルをつくって雨を避けるか、マルチを敷いて土壌中の水分が過多にならないよう対策します。
最適な土壌pHは6.0~6.5です。
酸性土壌に傾き過ぎないよう、あらかじめ苦土石灰や土壌pHバランス材※₁などでpH調整することを忘れないようにしましょう。

※₁土壌pHバランス材は『自然暮らし』の商品です。

植付の時期

メロンは夜間15℃前後、日中は25~30℃が生育適温です。

4月~5月になるとホームセンター等に苗が出回ります。
4月はメロンにとって気温が低いため、25~30℃になるようにトンネルをつくって保温する必要があります。

苗の選び方

 

本葉に厚みがあり、茎がしっかりとしていて徒長していないものを選びましょう。
葉の数は3~4枚のものを選び、葉の数が多い苗は老化しているので避けるようにします。
また、プランターで栽培する場合は、専用の品種を選びます。

土壌の準備

土壌のpHを調整し、有機物でふかふかにしつつ初期生育に必要な栄養を準備します。

・pHの調整に苦土石灰または土壌pHバランス材※₁、堆肥または腐植資材リフカ※₂を植え付けの2週間前に土に混ぜ込む。
・元肥と副資材(ミネラル材、アシスト材)は1週間前に混ぜ込んでおきます。

※プランター栽培で培養土にあらかじめ肥料が入っている場合は、元肥は与えずに副資材(ミネラル材、アシスト材)のみを与えます。
※₁土壌pHバランス材※₂腐植資材リフカは『自然暮らし』の商品です。

元肥の施肥量計算はこちら

プランターや畑の大きさを入力して
元肥の施肥量を簡単計算

植付

プランター栽培の場合

 メロンの植付(プランター栽培)

プランターで栽培する場合、ネット(果皮の網目)が無い品種や小ぶりの品種を選ぶことで栽培難易度が下がり、育てやすくなります。
また、支柱やネットに誘引することで、畑ほどの面積がなくても栽培することができます。
プランターは40cm以上の深さがあり、幅は60cm以上のものを選びましょう。
(鉢の場合は幅が30cm以上のものがおすすめです)

①日当たりと通気性が良く、雨がかからない軒下などにプランターを配置します。

②底石用の軽石を入れ、「土壌の準備」で調整した培養土をプランターの8分目まで入れます。

③スコップで穴を掘り、苗を植え付け、根元の土を軽く押さえつけます。

④鉢底から流れ出るくらい、たっぷりと水を与えます。

⑤気温が低い4月~5月半ばまでは、ビニールなどを被せて保温します。

メロンの立体栽培

立体栽培

プランターの四隅に支柱を立て、10cmごとに紐を巻き付けてあんどん状にしておき、つるが伸びてきたら誘引します。
実ができたことを確認したら、ネットで果実を吊るします。

メロンの立体栽培

畑栽培の場合

 メロンの植付(畑栽培)

  「土壌の準備」で土壌を調整しておきます。

①畝をつくり、黒マルチで覆います。
※黒マルチの代わりに稲わらを敷いてもOKです

②株間を80cm以上開けてスコップで穴を掘ります。

③苗は浅く植え付けます。
※定植後、畑が乾燥している場合は水をたっぷり与えます。

④気温が低い4月~5月半ばまでは、トンネルをつくって保温します。

水分管理にはご注意を

メロン栽培の管理で難しいとされる理由の一つが「水分管理」が必要であることです。
ウリ科の中でも浅く根を張るメロンは、過湿状態の土壌では弱りやすく、生育不良になります。

プランター栽培の場合

プランター栽培の場合は、軒下などの雨が直接かからない場所に配置して、表土が乾いてきたら水を与えるようにします。

畑栽培の場合

畑で栽培する場合、1つ目の果実が確認できるまでは水やりは控えましょう。
1つ目の果実が結実したら、朝晩の1日2回、たっぷりと水やりをします。

追肥のタイミング

 メロンの追肥タイミング

追肥は植付後、1つめの果実が結実したことを確認したら1回、メロンの生育具合に合わせて与えます。

追肥の施肥量計算はこちら

プランターや畑の大きさを入力して
追肥の施肥量を簡単計算

摘芯

メロンの摘芯

本葉が6~8枚付いたら、摘芯をします。
親づるは摘芯して草丈を抑制し、勢いの良い子づるを2本残して、他は摘み取ります。
1か月後、本葉が20~25枚になったら小づるを摘芯し、伸長を止めます。
この頃になると、小づるから孫づるが出てきていますが、4節目までの孫づるは摘み取り、その先の雌花は残しておきます。

メロンは寒さに弱い

メロンは寒さに弱い 防寒対策

メロンの生育適温は25~30℃と非常に高め。
最低でも、気温が10℃以上で、地温が15℃以上の環境で植付をしましょう。
4月のまだ寒い時期は、マルチや藁を敷き、トンネルをつくって温度を高めます。

受粉させて結実率アップ

 メロンの人工授粉

メロンは同じ株に、「雄花」と「雌花」が存在します。

通常、自然に受粉して雌花の元が膨らみ、メロンになります。
実付きを良くするために、朝(9時まで)のうちに雄花の雄しべを雌花の雌しべにこすりつけましょう。
人工授粉を行うことで、結実する確率を上げることができます。

「雄花」と「雌花」の見極め方は、花の付け根が膨らんでいる方が「雌花」、膨らみがなく中央が黄色の雄しべを持つ方が「雄花」です。

「甘さ」を強くする、肥料と水の調整

 果実が成熟する段階で窒素成分の供給を少なくすることで、葉の成長ではなく果実の成長へと養分が使用されます。

受粉から20日後以降は液肥を含めた追肥を控えましょう。

また、果実の成長ステージに合わせて、与える水の量を調整することで果実中の糖度を上げることができます。
初心者の方は、糖度上昇期(着果より30日後、または収穫予定日から10日前)に水やりを控える、または水やりをやめて育ててみましょう。


さらに細かく調整する場合は、着果日数に合わせて水やりの量を変更します。

肥大初期【着果~10日目】→水やりを増やす
果実硬化期【11~18日】→水やりを減らす
肥大後期【19~29日】→水やりを増やす
糖度上昇期【30日~】→水やりを減らす(もしくはやめる)
収穫期【40日~】

玉直し<畑で栽培する場合>

玉直しをすることでメロンの果実が均一に大きくなり、形を良くすることができます。

受粉して2週間ほど経った頃に、果実がリンゴ大になったことを確認したら果実の下に稲藁などクッションになるものを敷きましょう。

収穫タイミング

メロンの玉直し

葉が黄色く枯れ始め、果実からわずかに香りがしてきたら収穫のタイミングです。
また、受粉から40~50日ほどで収穫期を迎えるので、人工授粉をした日を記録していれば収穫日の目安とすることができます。

メロンは収穫してから1週間ほど常温で追熟させると甘くなりますので、収穫してすぐに食べるのをぐっと堪えて待ちましょう。

施肥量計算はこちら

肥料の与える量が分からないときは、
施肥量計算を行えるシミュレータで調べてみましょう。

編集部のおすすめ

ログイン

パスワードをお忘れの場合

アカウントをお持ちではない方
アカウントの作成はこちら