LINE公式アカウントお友達募集中!

インゲン(ツルあり)の栽培方法

インゲン(ツルあり)

未熟なインゲンマメをさやごと食べる「サヤインゲン」。
ほのかな甘みと独特の食感を持つ「サヤインゲン」は、茹でてそのまま醤油や生姜、ゴマなどをかけてシンプルにいただくほか、煮物などのアクセントカラーとしても使用されます。
βカロテンを多く含み、ビタミン類や疲労回復に役立つアスパラギン酸、体内の抗体やホルモンの材料になるリジンなどを含んでいることが特徴です。

サヤインゲンにはツルがある「蔓有(つるあり)」とツルが無い「蔓無(つるなし)」の2種類が存在しており、ここでは「インゲンツルあり」と「インゲンツルなし」と呼ぶこととします。

「インゲンツルあり」はツルが長く伸びて成長するインゲンです。
支柱を立てる必要があり、栽培面積は広めですが、年に2~3回収穫できて1回の収量も「ツルなし」より多くなります。

一方で「インゲンツルなし」はツルが伸びず省スペースでも栽培できますが、収穫は年1回のみで収穫できる期間も短いのが特徴です。

インゲンのツルありとツルなし

栽培カレンダー

※クリックまたはタップで拡大表示

最適土壌

最適な土壌pHは6.0~6.5です。
あらかじめ苦土石灰や土壌pHバランス材※₁などでpH調整することを忘れないようにしましょう。
また連作障害を避けるためにも、マメ科の植物を2年以上栽培していない場所を選びましょう。

※₁土壌pHバランス材は『自然暮らし』の商品です。

種まきの時期

インゲンは畑やプランターに直接種をまいて育てます。
発芽適温は23~25℃、生育適温は15~25℃。インゲンツルありは春まきと秋まきがあります。
6~7月の収穫を目指すなら4月下旬に、10~11月の収穫を目指すのであれば、8月中旬に種をまきましょう。
低温には弱いので、早まき時は注意しましょう。

土壌の準備

土壌のpHを調整し、有機物でふかふかにしつつ初期生育に必要な栄養を準備します。

・pHの調整に苦土石灰または土壌pHバランス材※₁、堆肥または腐植資材リフカ※₂を植え付けの2週間前に土に混ぜ込む。
・元肥と副資材(ミネラル材、アシスト材)は1週間前に混ぜ込んでおきます。

※プランター栽培で培養土にあらかじめ肥料が入っている場合は、元肥は与えずに副資材(ミネラル材、アシスト材)のみを与えます。
※₁土壌pHバランス材※₂腐植資材リフカは『自然暮らし』の商品です。

元肥の施肥量計算はこちら

プランターや畑の大きさを入力して
元肥の施肥量を簡単計算

種まき

プランター栽培の場合

インゲンの種まき(プランター栽培)

プランターは深さが30cm以上のものを選びましょう。

①底石用の軽石を入れ、「土壌の準備」で調整した培養土をプランターの8分目まで入れます。

②鉢底から流れ出るくらい、たっぷりと水を与えます。

③株間を15cmほど開けて2cmほどの深さの穴を掘り、種を1ヶ所につき3~4粒ずつ、重ならないように少し間隔をあけてまきます。

④覆土をして軽く鎮圧します。

⑤鳥に種が食べられないように、発芽までは不織布などで覆います。

※種は腐りやすいため、覆土をしたら発芽するまでは水やりを控えましょう。

畑栽培の場合

インゲンの種まき(畑栽培)


「土壌の準備」で土壌を調整しておきます。

①排水性を高めるため畝をつくります。

②株間を40cmに設定して2cmほどの深さの穴を掘り、種を1ヶ所につき3~4粒ずつ、重ならないように少し間隔をあけてまきます。

③軽く土をかぶせて鎮圧し、畑が乾燥している場合は軽く水やりをします。
※種は腐りやすいため、湿っているようであれば水やりは控えます。

④鳥に種が食べられないように、発芽までは不織布などで覆います。

間引き

インゲンの間引き


本葉が2枚になったタイミングで間引き、元気な苗2本を残して2本立ちにします。
2本立ちにするとお互いが支えあう形で成長するので、倒伏を防ぐことができます。
間引きと同時に追肥をします。

支柱

蔓有インゲンの支柱

インゲンツルありはツルを伸ばして成長するため、支柱を立ててネットを張ります。
ツルが伸びてくる前に支柱を固定し、キュウリ用のネットを張ってツルを這わせます。

水やり

発芽前は特に水やりを控えて、種が腐らないようにしましょう。
芽が出てきて、土壌表面がしっかりと乾くようであれば水を与えます。

追肥のタイミング

インゲンの追肥

間引きの時に1回行い、その後1ヶ月に1回ほどのペースで追肥をします。
通常、マメ科の植物は共生している根粒菌の働きにより大気中のチッソをアンモニアに変換(窒素固定)することで、自身にチッソを供給することができるので、チッソ成分がそれほど必要ありませんが、インゲンの場合は肥料をよく吸収して成長するため忘れずに与えてあげましょう。

追肥の施肥量計算はこちら

プランターや畑の大きさを入力して
追肥の施肥量を簡単計算

摘芯、整枝

蔓有インゲンの摘芯

親づるは草丈は手が届く範囲の高さで摘心しましょう。
小づるもネットに這わせて、親づると同様に手が届く高さで摘芯します。

インゲンの整枝(誘引)

また子づるが成長した時に葉が混み合って光合成の妨げにならないよう、誘引場所を親づるから離すなど工夫が必要です。

収穫タイミング

インゲンの収穫

莢(さや)が大きくなり、中の実が膨らんできたら収穫タイミングです。
ハサミや指で莢を切り取って収穫します。
この時、ツルを傷つけないよう注意して収穫をします。
実を付けたままにしておくと、株への負担が増えてその後の収穫量が減ってしまいます。早めに収穫してしまいましょう。

施肥量計算はこちら

肥料の与える量が分からないときは、
施肥量計算を行えるシミュレータで調べてみましょう。

編集部のおすすめ

ログイン

パスワードをお忘れの場合

アカウントをお持ちではない方
アカウントの作成はこちら