LINE公式アカウントお友達募集中!

葉ネギの栽培方法

葉ネギの栽培方法

葉ネギ

独特な香りと辛みがあり、薬味として欠かせない「葉ネギ」。
同じネギでも白ネギとは品種が異なり、関西を中心に利用されています。
葉の部分を主に使用し、薬味として利用するほか、汁物や炒め物などにして食されています。
カロテンやビタミンC、ミネラルが豊富で、辛みの成分である「硫化アリル」には整腸効果があります。
病害虫に強く育てやすい野菜なので、ぜひ栽培にチャレンジしてみてください。

栽培カレンダー

※クリックまたはタップで拡大表示

種まきの時期

発芽適温は15~30℃と幅広い温度に対応しています。
春まきは5月上旬、秋まきは10月上旬頃がおススメです。

最適土壌

水はけが良い土壌を好み、苗の段階では酸性土壌が苦手です。
苦土石灰や土壌pHバランス材※₁などでpHを6.0~7.0に調整してから植え付けましょう。
風通しが良く、日当たりの良い場所を選ぶと育ちが良いです。

※₁土壌pHバランス材は『自然暮らし』の商品です。

土壌の準備

土壌改良と元肥・ミネラル材

土壌のpHを調整し、有機物でふかふかにしつつ初期生育に必要な栄養を準備します。

・pHの調整に苦土石灰または土壌pHバランス材※₁、堆肥または腐植資材リフカ※₂を植え付けの2週間前に土に混ぜ込む。
・元肥と副資材(ミネラル材、アシスト材)は1週間前に混ぜ込んでおきます。

※プランター栽培で培養土にあらかじめ肥料が入っている場合は、元肥は与えずに副資材(ミネラル材、アシスト材)のみを与えます。
※₁土壌pHバランス材※₂腐植資材リフカは『自然暮らし』の商品です。

  • おすすめの肥料はこちら
    タマネギ・ネギおすすめセット

    ¥1,280

元肥の施肥量計算はこちら

プランターや畑の大きさを入力して
元肥の施肥量を簡単計算

種まき(直まき)

プランター栽培の場合

葉ネギの種まき(プランター)

プランターは深さが20cm以上のもの選びましょう。

①底石用の軽石を入れ、「土壌の準備」で調整した培養土をプランターの8分目まで入れます。

②条間を10~15cmに設定し、深さ1cmの溝をつくって、5mm間隔ですじ播きをします。

③軽く覆土をして鎮圧し、たっぷりと水を与えます。

④発芽するまでは、日陰に置くか、新聞紙などで覆って日差しを遮ります。

畑栽培の場合

葉ネギの種まき(畑)

「土壌の準備」で土壌を調整します。

①排水性を高めるため畝をつくります。

②条間を10~15cmに設定し、深さ1cmの溝をつくって、すじ播きをします。

③軽く覆土をして鎮圧します。
※定植後、畑が乾燥していたら水をたっぷりと与えます。

間引き

葉ネギの間引き
  • 芽が3~5cmになったところで成長の悪い苗を間引き、株間が2~3cmになるよう調整します。
  • その後も葉が混み合うようであれば適宜間引きます。

水やり

葉ネギ

表土が乾いてきたら、水をたっぷり与えます。

追肥のタイミング

葉ネギの追肥のタイミング

追肥は春まきの場合、種まきから約1ヶ月後を目安に1回与えます。
秋まきの場合は、種まきから1ヶ月後を目安に1回、その後、2週間後を目安にもう1回与えます。

追肥の施肥量計算はこちら

プランターや畑の大きさを入力して
追肥の施肥量を簡単計算

収穫タイミング

葉ネギの収穫方法

草丈が30〜40cmになったら収穫タイミングです。
1度に収穫する場合は、根元から引き抜きます。

何度か収穫するという場合は、草丈が40cmほどになったら根元から3cmほどのところをハサミ等で切り取って収穫します。
残した根元から再び葉が成長するため、追肥をして栄養を補給すれば複数回収穫を楽しむことができます。

 

施肥量計算はこちら

肥料の与える量が分からないときは、
施肥量計算を行えるシミュレータで調べてみましょう。

編集部のおすすめ

ログイン

パスワードをお忘れの場合

アカウントをお持ちではない方
アカウントの作成はこちら