LINE公式アカウントお友達募集中!

ホウレンソウの栽培方法

ホウレンソウ

ほうれん草の栽培方法

柔らかく滑らかな食感の葉が特徴的なホウレンソウ。
寒さにある程度強く、プランター栽培も容易にできる人気の野菜です。
栽培期間が短いため、1年のうちに複数回栽培することができますが、連作障害にはご注意ください。

栽培カレンダー

※クリックまたはタップで拡大表示

ほうれん草の栽培カレンダー

最適土壌

ホウレンソウは最適な土壌pHが6.0~7.0の野菜です。
土壌pHが低い(pH5.5以下)環境では黄化し、枯れてしまうため、苦土石灰や土壌pHバランス材※₁などでpHの調整をしっかり行いましょう。

※₁土壌pHバランス材は『自然暮らし』の商品です。

種まきの時期

ホウレンソウは直根タイプであるため、植え替えはせずにプランターや畑に直播します。
中間地では3月上旬~4月上旬、9月上旬~12月下旬に種まきをします。

土壌の準備

土壌のpHを調整し、有機物でふかふかにしつつ初期生育に必要な栄養を準備します。

・pHの調整に苦土石灰または土壌pHバランス材※₁、堆肥または腐植資材リフカ※₂を植え付けの2週間前に土に混ぜ込む。
・元肥と副資材(ミネラル材、アシスト材)は1週間前に混ぜ込んでおきます。

※プランター栽培で培養土にあらかじめ肥料が入っている場合は、元肥は与えずに副資材(ミネラル材、アシスト材)のみを与えます。
※₁土壌pHバランス材※₂腐植資材リフカは『自然暮らし』の商品です。

元肥の施肥量計算はこちら

プランターや畑の大きさを入力して
元肥の施肥量を簡単計算

種まき

プランター栽培の場合

ホウレンソウの種まき(プランターの場合)
まき溝の作り方

根が下に長く伸びるため、20cm以上の深さが確保できるプランターを選びましょう。
浅すぎると根が張らず、草丈が高くなると倒れやすくなります。

底石用の軽石を入れ、「土壌の準備」で調整した培養土をプランターの8分目まで入れます。

①鉢底から流れ出るくらい、たっぷりと水を与えます。

②条間を15cmほどに設定し、深さ1cmの溝をつくって、1cm間隔の条播きをして薄く土をかけます。

③害虫から守るため、防虫ネットを被せます。

畑栽培の場合

ほうれん草の種まき(畑栽培)

土壌の準備」で土壌を調整しておきます。

①条間を15cmほどに設定し、深さ1cmの溝をつくって、3cm間隔の条播きをします。

②薄く覆土をして鎮圧します。

※定植後、畑が乾燥していたらたっぷりと水を与えます。

※11月~12月に種まきを行う場合は、トンネルをつくり保温をしましょう。

間引き

ほうれん草の間引き

1回目…発芽から1週間ほどで、3cm間隔になるよう生育の良い芽を残しながら間引きします。

2回目…草丈が6~7cmほどに成長したら、5~7cm間隔になるよう間引きします。
※途中で間引いた葉も食べられます。

水やり

水分が多いと発芽不良を招くため、種まき後には水やりを控えましょう。
発芽後、表面の土が乾く場合にはしっかりと水を与えますが、立枯れや根腐れを防止するため控えめにしてください。

追肥のタイミング

ホウレンソウの追肥のタイミング

追肥は2回目の間引き時、様子を見ながら与えます。
根元から10~15cm離して撒くことで、肥料焼けを防ぐことができます。

追肥の施肥量計算はこちら

プランターや畑の大きさを入力して
追肥の施肥量を簡単計算

収穫タイミング

ほうれん草の収穫タイミング

ホウレンソウは草丈が20~25cmほどになった頃が収穫期です。
周りに栽培中の株がある場合は地面近くの根元を、ハサミや鎌で刈り取りましょう。

高温にはご注意

耐寒性のある野菜ではありますが、高温には弱く、発芽適温は15~20℃、生育適温は15~25℃です。
これより気温が高い時期に栽培しようとすると発芽不良・生育不良を引き起こすため春まきの場合は気温に注意しましょう。

冬限定の「寒締めホウレンソウ」

寒締めほうれん草の栽培方法

秋冬播きの葉物や根物の野菜を、冬の冷気に当てることを「寒締め」と呼びます。
ホウレンソウは「寒締め」をすることで寒さへの耐性を高めるため葉が縮んだようになり、糖度や栄養価が上がります。
収穫の1~2週間前にトンネルを開放して、10℃以下の冷気にホウレンソウをさらしてみましょう。

施肥量計算はこちら

肥料の与える量が分からないときは、
施肥量計算を行えるシミュレータで調べてみましょう。

編集部のおすすめ

ログイン

パスワードをお忘れの場合

アカウントをお持ちではない方
アカウントの作成はこちら