LINE公式アカウントお友達募集中!

市販の肥料入り培養土を調べてみました

培養土の中には、「肥料入りの培養土」が数多く販売されています。

「肥料入り」とはいいますが、一体どのくらいの肥料が入っているものなのでしょうか?
今回は「市販の培養土ってどのくらい肥料成分が入っているの?」を調べてみました。

 

市販の肥料入り培養土の成分、pH、EC

自然暮らしで、市販の培養土6つの商品をそれぞれ土壌分析をした結果…
  • 肥料成分:少なめ~多い
  • PH:5.0以下~7.4付近
  • EC:0.6~1.6

と商品によってバラバラな結果でした。
(PHやECについてはまた別の記事でご紹介いたします)

この結果から分かることは…

市販の肥料入り培養土
1. 「肥料成分入り」の培養土の場合、まず種や苗を植え付けるときに「元肥」(初めに使用する肥料)をあげなくても大丈夫です。
※培養土の袋の表側か裏側に「肥料成分入り(肥料入り)」と書いてあれば、肥料成分が入っています。
※「肥料成分入り」と書いていない培養土の場合、植付時に「元肥」を混ぜて与えてください。

2. 分析結果からみると、肥料成分が少なめ~多いまでバラつきがあるので、野菜の成長状況をみながら「追肥」をする必要があります。

肥料成分入りの培養土でも肥料の効果は長いもので3ヶ月ほど、短いものだと1ヶ月くらいでなくなります。また、水のかけ方によっては肥料成分が使われないまま、流れて行ってしまいます。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

肥料成分入りの培養土はとても便利ですが、思わぬ早さで肥料が無くなることも。
育てている野菜を日々観察して、追肥をしましょう。

X

facebook

link

自然暮らし

自然暮らし編集部

自然暮らし編集部は、植物や肥料のプロのライターチームです。
植物・野菜・肥料の使い方について、専門家からの知識やノウハウを発信していきます。

この記事のタグ一覧

関連記事

新着記事

編集部のおすすめ

ログイン

パスワードをお忘れの場合

アカウントをお持ちではない方
アカウントの作成はこちら